ワーク・ライフ・バランス

メインイメージ

先輩たちのオンとオフ

◆産科病棟MFICU ◆2017年入職 多田 祥子

私は釣りが好きで、休日は県内外の海や水辺に行きます。そして夜勤を効率的に使い、朝釣りや夜釣りも楽しんでいます。大物や狙っていた魚が釣れた時はとても嬉しく、上手く釣れない時でも、大自然の中で非日常を感じられる時間はとても貴重で、日頃の疲れも癒され、リフレッシュできます。
オフの時間を有意義に過ごすことで、気分転換にもなり、仕事へのモチベーションが高まります。

◆眼科病棟 ◆2014年入職 青柳 香奈枝

私は、医大レディースというソフトボールチームに入っています。休みが合う日には、練習や大会に参加しています。仕事の合間で参加しているので、頻繁には参加できていませんが、いつもチームのみんなが温かく迎えてくれるので、自分のベースで好きなソフトボールが出来ています。また、私の所属しているチームには、医大職員以外の方もいて、その方とコミュニケーションをとることで、看護と違った視点でいろんなことを学ぶことができ、とても良い刺激になっています。何より、大好きなことをすることが気分転換になり、明日も頑張ろうと前向きな気持ちになれます。

◆循環器6階病棟 ◆2015年入職 関 友恵

私は5年前からフラとタヒチアンダンスを習っていて、県内外で行われるイベントや地域のお祭り、老人ホームなどで披露しています。夏休みにはハワイに行き、本場のフラを学ぶことができました。趣味があると職場の方との会話もはずみます。仕事は毎日忙しくて大変ですが、プライベートな自分自身の時間も大切にしていきたいと思っています。

◆糖尿病・代謝内科病棟 ◆2016年入職 小船 夏奈子

私は小学生の頃から吹奏楽を続けており、今でも社会人バンドで、仲間たちとコンクールや演奏会に向けて練習しています。仲間たちと目標に向かって活動することはとても楽しく、仕事への活力へ繋がっています。また、病棟の同期や同じ職業の友人と食事へ行くことも楽しみになっており、嬉しかったことや困ったこと、悩んでいることを共有することによって、前向きな気持ちで仕事に臨むことができています。仕事を頑張った分、オフはとても楽しく、オンとオフの切り替えをしっかりすることが仕事を続けていく上で大切なことだと実感しています。

福利厚生

快適なプライベートライフをご用意 看護職員寮「木の花会館」

「木の花会館」は、病院のすぐ近くにある看護職員寮。安らぎ・ふれあい・清潔感あふれるワンルームタイプで、オートロック完備・陽当たり良好。あなたの充実ライフをやさしく包む安心・快適な居住空間です。

木の花会館

玄関

先輩看護職員のコメント

職場に近く、キレイなお部屋が魅力で入居を決めました。朝は余裕を持って出勤でき、夜勤後の帰り道も不安を感じることがありません。寮もオートロックになっているので安心です。
アクセスも良く、街や駅に出かける時もスムーズに行けるのでうれしいですね。入職が決まり引っ越してきた時は一人暮らしが不安でしたが、すぐに友達ができて仕事が終わった後に集まるなど、寮生活を楽しんでいます。

医学専門書が豊富に揃う「岩手医科大学附属図書館」

内丸キャンパスにある図書館は地下1F〜地上4F、蔵書27万冊以上を備えた本格的な医学専門図書館です。医療・看護に関する情報収集や研究にも役立ち、図書や統計情報はWebで公開しているなど幅広く活用できます。

開館時間

平日:9:00〜22:00
土曜:9:00〜17:00
(休館日:第2・3・5土曜、日祝、年末年始)

リーママ応援プロジェクト「リーママトーキングカフェ」

リーママトーキングカフェ

看護職の多くは女性であり、結婚・妊娠・出産・子育てとライフイベントの中で、仕事と育児を両立させ、専門職としてキャリアアップしなければなりません。 リーママは職場復帰に、様々な不安を抱えています。そこで、リーママ応援プロジェクトとして、「リーママトーキングカフェ」を企画し、看護部からの情報提 供や先輩リーママからの経験談などから、育児や復帰の不安が軽減でき、自信と誇りを持って働き続けられるように支援しています。
※リーママとは、サラリーマンママの略称で、仕事と育児を両立する女性を指しています。

身近な場所に保育施設も「やはばなかよし保育園」

安心して子育てと仕事が両立できる環境づくりに向けて、職員が利用できる保育園です

  • 矢巾キャンパス敷地内
  • 保育対象:0歳〜就学前
  • 完全給食
  • 保育定員:一般保育101名、病児保育10名
  • 保育時間:平日(月~金)7:00-18:00(延長18:00-20:00)
  • 臨時保育:休日、夜間、一時保育

リーママのコメント

なかよし保育園

◆看護部長室 ◆2007年入職 吉田 彩
息子が1歳になった日から入園し、同時に仕事に復帰しました。初めての育児と仕事の両立に不安でいっぱいでしたが、経験豊富な保育園の先生方にアドバイスを頂きながら、安心して息子を預けています。職場では、なかよし保育園に預けている先輩や同僚の話を聞くこともでき、とても参考になりました。息子も楽しそうに通うようになり、子どもの成長と仕事のやりがいを感じながら働くことができています。

看護職員間のふれあいを育む会員組織「木の花会」

看護の質の向上と会員相互の親睦を図ることを目的としています。約1,200名の看護職員が所属。イベントや勉強会、学会参加など、様々な企画があります。

木の花会イベント