西病棟
西棟5F 小児科

個別性を大切に 精神面によりそったケアを目指しています

概要/特長

小児科病棟の対象年齢は新生児から成人までと幅広く、疾患は小児がん、神経・消化器・呼吸器・泌尿器疾患、感染症、不慮の事故など多岐にわたっているため、小児の特性と個別性をふまえた看護を大切にしています。

取り組み内容 / 目標

疾患や治療、ケアについて説明を行い、同意を得ることを目的に「プレハレーション」を行っています。こどもたちが安心を感じることができる環境を整え、年齢にあった言葉かけや説明を行い、こどもの頑張りを褒めることに努めています。また、ご家族の精神面をマネジメントする「メンタルリエゾンチーム」を結成し、小児がんや難治性の疾患をもつ患児のご家族に面接を行い、より個別的で必要なケアができるようにしています。