西病棟
西棟4F 外科

細やかな観察と迅速な対応、患者さんに寄り添った看護ケアを提供

概要/特長

西4階は外科病棟で、肝臓・胆嚢・膵臓疾患、上部消化管疾患(食道、胃・十二指腸疾患)、下部消化管疾患(小腸、大腸疾患)、乳腺疾患などの患者さんが入院しています。手術療法、放射線療法、化学療法、がん緩和ケアなどの治療が行われており、2007年より生体肝移植を開始し、2011年には国内23施設目の脳死肝移植認定施設となりました。そのほか腹腔鏡下やロボット手術など最先端の外科治療が行われています。患者さんが体験するさまざまな精神的・身体的・生理的変化を予測し、アセスメントしながら援助を行っています。

取り組み内容 / 目標

患者さんから痛みや不安などを聞かせていただき、他職種のスタッフとも協働して、少しでも患者さんの希望に近づけられるよう支援しております。日々進歩していく医療の中で、より質の高い看護が提供できるよう日々研鑽しております。