東病棟
東棟9F 眼科

看護のやさしさと思いやりで、患者さんの眼と心に光を灯す

概要/特長

眼科病棟は東病棟の最上階で、北上山系を一望でき、患者さんから喜ばれています。患者さんは、乳幼児から高齢者まで幅広く、白内障、緑内障、網膜疾患、斜視、角膜疾患などの手術目的で入院しています。手術件数は年間2500件以上で平均在院日数は6日です。そのため看護師一人ひとりが思いやりの心を持ち、お互いに協同し、患者さんが安心して診察、治療が受けられる入院環境を整え、退院後の生活に不安なく戻れるようサポートしています。

取り組み内容 / 目標

白内障手術は、クリニカルパスで日帰り退院から両眼一週間で退院など患者さんに合わせ、患者さんが安全に安心して手術や検査が受けられるように援助しています。外来や手術室、医師・視機能訓練士・薬剤師・栄養士などと連携をはかると共に患者さんやそのご家族との関わりを大切にして、患者さんが満足できる看護を提供できるよう努めています。また、不安なく退院後の生活に戻れ、治療継続できるよう退院調整と連携をはかっています。