中病棟
中棟4F 整形外科

患者さんの自立のために個別性のある看護を

概要/特長

中4階は、先天性疾患、加齢による変性が原因の疾患、スポーツ外傷などが対象であり、乳児から高齢者まで幅広い年齢層の患者さんが入院しています。主な治療は、手術や理学療法が行われます。理学療法士や作業療法士、医師と合同のリハビリテーションミーティングを行い、患者さんが一日でも早く社会復帰できるようにケアを行っています。

取り組み内容 / 目標

リハビリテーションは楽しいことばかりではなく、痛みを伴ったり苦しいこともあります。障害や病態を把握したうえで、患者さんやそのご家族が障害を受容し、新しい生活に適応できるように心身の援助を行います。日常生活の動作一つひとつがリハビリテーションになるため、患者さんの生活背景を知り、患者さんのペースに合わせ、患者さんの生活を工夫し、患者さんと共に機能障害の克服に向き合うことが大切なケアとなります。