教育研修制度

メインイメージ

キャリア開発ラダーと教育プログラムの連動

臨床看護実践能力を段階的(ラダー)にレベルⅠ〜Ⅳに分類、到達度によって看護師の能力が評価されるシステムにより、卓越した看護を実践できる看護職員の育成を目指しています。
ラダーのレベルに応じた院内研修プログラムが組まれており、より高いラダーを目指すための学習を効率的に行うことができます。

看護教育ラダー

教育研修

先輩看護職員からのメッセージ

◆循環器病棟 ◆2012年入職 清野 茉莉

新人看護職員がモチベーション高く、
安心して成長していけるようにサポート

当院では新人研修や指導者育成研修など、幅広く専門的に学ぶことができる体制が整っています。私は今、新人看護職員のアソシエートナースをしています。今年度、指導者を育成する研修で「コーチングスキル」を学びました。このスキルを使うことで、相手の能力・やる気を引き出すことができます。入職したばかりの新人時代は初めての環境に慣れることや覚えることが多く、不安や悩みを抱えてしまうことがありますが、モチベーション高く、安心して成長していけるよう、このスキルを活用して精神面・技術面のサポートをしています。
新人看護職員にとって「一番に相談しやすい先輩となること」と「スタッフみんなでサポートしあえる環境をつくること」を目標に頑張っていきたいと思います。

◆小児科病棟 ◆1998年入職 中村 英恵

ラダー研修に加え、専門性の高い研修も充実
知識を高め自己研鑽に励んでいきたい

当院ではラダーレベルに応じた研修プログラムが組まれているため、同じ目標を持った参加者と共に意見交換をしながら研修に臨むことができます。ラダー研修の他にも専門看護師・認定看護師や多職種による専門性の高い研修も充実しており、自分のスキルアップに活かすことができます。今年度は災害研修に参加し、災害時の医療機器対応や患者さんの搬送体験を行い、日々の備えや訓練の必要性を実感できる良い機会となりました。
今後は日々患者さんやご家族に寄り添い、安心・安全な看護が提供できるよう、さらに知識を高め自己研鑽に励みたいと思います。

◆中央手術部 ◆1997年入職 石川 浩美

教育担当者として働きやすい職場環境を整えながら、
チーム医療の一員として視野を広げていきたい

当院では、キャリア開発ラダーに合わせ、段階的に研修を受けることができます。昨年度、教育担当者研修を受け、指導者としての知識や技術、部署で指導する際のポイントなどを学ぴました。新人看護職員のサポートを大切にし、指導するプリセプターやアソシエートの負担が軽減できるような職場環境を作っていけるよう教育担当者として働きかけていきたいと考えています。手術看護の特徴として、多職種と協働するチーム医療が挙げられます。手術に関わるスタッフのさまざまな意見を聞き、自分の視野を広げていきたいと思います。そして、後輩が「看護師として大切にしていきたいこと」を見つけられるような関わりをしていきたいと思います。