理念とメッセージ
理念
病院の理念に基づき、やさしさと思いやりの心・倫理観をもって質の高い看護を提供します。
基本方針
  1. 患者の意思を尊重し思いやりのある看護を提供します。
  2. 患者に安心・安全な看護サービスを提供します。
  3. 患者を中心としたチーム医療を推進します。
  4. 自律した専門職業人として、主体的に行動できる看護職を目指します。
  5. 組織の一員として、積極的に病院経営に参画します。
  6. 実践・教育・研究をとおして、看護の専門性を発揮し地域医療に貢献します。
看護部長からのMESSAGE
地域に根ざした医療を大切にし、
あなたのキャリアを支援します。
 当院は、大学病院であり、特定機能病院でもあります。常に進歩する最先端の知識・技術の習得に励みながら、水準の高い看護の提供はもちろんのこと、患者さんやご家族の思いを尊重し、ニーズや想いを大切にした看護の実践を目指しています。
 新人教育では技術をつめ込むのではなく、看護のよろこびが感じられるように、急がず、ゆっくり成長を見守りたいと考えています。継続教育はキャリア開発ラダーによって、一人ひとりのレベルに応じた教育が受けられるようになっています。そして、集合研修で看護の幹となる基本(動機づけ)を学び、各部署での教育でそれを発展させていきます。
 また、スペシャリストの育成にも力を入れており、専門的な知識と技術を持った看護職員が院内全体のレベルアップに貢献しています。
 皆さんは、これからライフイベントや専門職へのキャリアアップなど、さまざまなステージを経験されるでしょう。そのような環境の変化においても常に専門職としてスキルアップに努め、患者さんとご家族に、私と一緒にベストな医療・看護を提供してみませんか。

岩手医科大学附属病院 看護部長

佐藤 悦子