理念 / 看護部長より

メインイメージ

看護理念・基本方針

理念

病院の理念に基づき、やさしさと思いやりの心・倫理観をもって質の高い看護を提供します。

基本方針

  1. 患者の意思を尊重し思いやりのある看護を提供します。
  2. 患者に安心・安全な看護サービスを提供します。
  3. 患者を中心としたチーム医療を推進します。
  4. 特定機能病院の専門職として、主体的に行動できる看護職を目指します。
  5. 組織の一員として、積極的に病院経営に参画します。
  6. 実践・教育・研究をとおして、看護の専門性を発揮し地域医療に貢献します。

看護部長からのメッセージ

私たちは、あなたのキャリアを支援します

看護部長

岩手医科大学附属病院 看護部長
佐藤 悦子

当院は、地域に根ざした医療を大切にした、急性期治療や高度先進医療を担う特定機能病院です。看護の質の向上の基盤を安定させながら、様々な状況におられる患者さんに、当院の理念である「誠の医療の実践」に基づき、やさしさと思いやりの心、倫理観をもった看護を実践しています。

県内唯一の大学病院として人材育成を重視し、新人看護職員の教育においては、看護技術や知識、態度を身につけ、判断して行動できるように、看護の基本の習得にむけたプログラムを組んでいます。そして、私たち看護部では、看護職がそれぞれに専門職としての自覚をもち、自律した看護職としての成長を支援しています。2019年、新病院で私たちと一緒に看護を提供していきましょう。