理念 / 看護部長より

メインイメージ

看護理念・基本方針

理念

病院の理念に基づき、やさしさと思いやりの心・倫理観をもって質の高い看護を提供します。

基本方針

  1. 患者の意思を尊重し思いやりのある看護を提供します。
  2. 患者に安心・安全な看護サービスを提供します。
  3. 患者を中心としたチーム医療を推進します。
  4. 特定機能病院の専門職として、主体的に行動できる看護職を目指します。
  5. 組織の一員として、積極的に病院経営に参画します。
  6. 実践・教育・研究をとおして、看護の専門性を発揮し地域医療に貢献します。

看護部長からのメッセージ

岩手医科大学附属病院はあなたのキャリアの成長を支援します。

看護部長

岩手医科大学附属病院 看護部長
三浦 幸枝

岩手医科大学附属病院は、地域に根ざした特定機能病院として高度な医療と質の高い看護を提供しております。新人教育は、看護部の各委員会とプリセプターとアソシエートがしっかり見守り看護の喜びを感じながら一歩一歩成長できるように組織全体で新人職員をサポートし大切に育てようと努力しています。医療の安全を確保し、看護サービスの質を向上させていくためには、新人職員を大切に育て、定着できる組織づくりをすることが重要だと考えています。

特定機能病院で働く私たちには、自ら成長する力をもつことが求められます。平成31年には新病院が完成します。やさしさと思いやりの心をもち、岩手医科大学附属病院の理念である、「誠の医療の実践」する方を広く募集しております。